WiMAXの家庭での使い方や設置方法を解説!

WiMAX設置イメージ(有線LAN&無線LANを併用する場合)

 

WiMAXをアクセスポイントとして利用する場合

無線LANをWiMAXにしたい場合の設置方法をイメージ図にて解説します。

WiMAXのクレードルとブロードバンドを接続することで、
WiMAXを無線LANアクセスポイントとして利用することもできます。

ディスクトップPCなど無線非対応PCは、端末クレードルを使い有線(LANケーブル)にて接続します。

無線(WiFi)対応のPCやタブレットなどの機器は、WiMAX端末ルーターとWiFi通信し利用します。

  LAN2

※無線LANでWiFi通信する場合は、それぞれの機器同士がWiFi対応していなければなりません。
無線LANインターフェース:IEEE802.11g

 

超高速インターネットのWiMAX 2+がキャンペーンでお得!
↓ ↓ ↓ button_ca

 

WiMAXに乗り換えた場合

光やADSL回線からWiMAXに乗り換えた場合の設置方法をイメージ図にて解説します。

WiMAXは携帯やスマホと同様に基地局から電波を受信し通信します。

ですから、光やADSLのようなブロードバンドによる回線工事は不要になります。

基地局からの電波をWiMAX端末ルーターで受信し、その端末ルーターをアクセスポイントとして、
各パソコンやタブレットに接続されます。

無線非対応のPCの場合は、端末クレードルを使い有線(LANケーブル)にて接続します。

無線(WiFi)対応のPCやタブレットなどの機器は、WiMAX端末ルーターとWiFi通信し利用します。

  wimax

パソコンやタブレットを外出先で使いたい場合は、WiMAX端末ルーターをクレードルから取り外して
持ち歩くことで利用できます。

もし、WiMAX端末ルーターを持ち出して、家族が家で使えなくなって不便な場合は、
WiMAX端末機をもう1台持つと良いでしょう。

1台はクレードルセットで家庭用として、もう1台は自分専用の持ち歩き用として所有すると大変便利です。

BroadWiMAXでは2台目以降の端末代と初期費用が無料になるキャンペーンを実施していますので、
複数台持ちたい方にオススメです!

 

WiMAX 2+の詳しいキャンペーン内容はこちら!

sanbutton_ca

 

人気プロバイダー

おすすめ記事

今月のキャンペーン

【とくとくBB】
【Broad-wimax】

【So-net】

【DTI】

【BIGLOBE】

【UQ WiMAX】

ワンポイントアドバイス

▼繋がりにくいという方に▼

  こちらから!

口コミはこちらから

▼WiMAX2+の口コミをお寄せ下さい▼

プロバイダーお問い合せ

▼プロバイダーのお問い合わせ先▼

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る