WiMAX2 +が安い!キャンペーン比較情報 【WiMAXインフォメーション】

WiMAXと固定回線※ネット回線を選ぶならどっち?

WiMAXと固定回線、どちらも高速インターネットが利用できるという点では大きな違いはありません。

しかし、この両者の大きな違いは「ワイヤレス通信」か「有線通信」という点です。

WiMAXはワイヤレス(無線)通信ですが、フレッツ光などはケーブルを使った固定(有線)回線となっています。

しかも、この両者はそれぞれ利用者の環境や使い方によってメリットが大きく違ってきます。

どちらがどのようなメリットがあって、どのようなタイプの人に向いているのか?

それぞれを比較しながら詳しく説明してきたいと思います。

 

UQ WiMAX   フレッツ光

WiMAXサービスの提供元
KDDIの子会社なので信頼度は抜群
auのスマホユーザーなら更にお得

>>UQ WiMAXの詳細へ

 

NTTのフレッツ光といえば
光回線のスタンダード、代名詞
東、西日本とも月額割引実施中

>>フレッツ光の詳細へ

 

使い方で変わるWiMAXと固定回線の選び方!

家の中だけで使いたいのか、それとも外出先でも使いたいのか?

オンラインゲームや動画をよく利用するのか?

アパートなどの賃貸住宅でネット回線の設置がされているのかどうか?…など

インターネットを使う人の環境によってネット回線選び方が大きく違ってきます。

 

WiMAXと固定回線を選ぶ上においては、双方のメリットとデメリットを知ることが大切です。

また、それぞれの特徴によって、どんな人が向いていて、どんな人が不向きなのかも知っておきましょう。

WiMAXと固定回線、それぞれの特徴や利用に向いている人などを詳しく紹介していきますので、ぜひご自身に合ったネット回線選びの参考にしてみて下さい。

 

WiMAXと固定回線の特徴

まず、WiMAXと固定回線の大きな違いは通信方式です。

WiMAXはワイヤレスの無線モバイル通信で、家庭用の固定回線はケーブルによる有線通信です。

WiMAXはワイヤレスなので自宅だけでなく外で自由に使うことができますが、通信状況が不安定になることがあります。

一方、フレッツ光のような家庭用の固定回線は、家の中でしか使えませんが通信状況は常に安定しています。

そのため、持ち運びなどの自由度を優先するのか、通信の安定性を優先するのかで選び方が違ってきます。

 

また、WiMAXはモバイルルータ(WiFiルータ)があればすぐに使えるので面倒な回線工事が不要です。

一方、固定回線は回線工事が必要なので契約後から2週間ほどは使うことができません。

それに、アパートなどの賃貸住宅の場合は、フレッツ光などケーブルの設置が完備されていないと工事着工までにとても時間がかかってしまいます。

 

両者の違いを表で比べてみましょう。

  WiMAX 2+ 固定回線
通信方式

無線(モバイル通信)

有線(ケーブル通信)
回線工事 不要 必要(2~4週間程度)
利用場所 家でも外でも可能(エリア内) 家のみ
利用開始時期 即日開通
(端末機器の到着した日から)
回線工事完了日から
(契約から2~4週間程度)
通信の安定性 不安定 常に安定


このように通信環境の特徴を比べた場合には、一見WiMAXの方が有利で便利なように感じられます。

しかし、WiMAXは無線通信のため電波状況が不安定になるというデメリットもあります。

自由にいろんな場所で使えるという反面、繋がりにくい場合もありますので注意が必要です。

一方、フレッツ光などの固定回線は家でしか使えない反面、通信状況がとても安定しています。

最初の回線開通までに時間がかかりますが、開通してしまえば安定した供給を受けられるのが最大のメリットといえるでしょう。

 

それぞれのネット回線に向いている人は?

インターネットの通信回線を選ぶ時に一番重要となってくるのは、「どんな使い方をするのか?」という点ではないでしょうか。

インターネットを頻繁に利用する人とあまり利用しない人とではネット回線の選び方が違ってきます。

 

例えば、オンラインゲームや動画サイトをよく利用する人は、常に安定した通信環境が必要になってきます。

リアルタイムで時間を争うゲーム中や動画のダウンロード中に、通信が遅くなったり切断されたのでは不満でしかたありませんよね。

また、ネットで株やFXなどの取引をする人も同様です。

株やFXの取引は、1秒間に何度もデータのやり取りをするので通信レスポンスが重要視されます。

このようなことから、オンラインゲームや動画サイトの利用が多い人、株やFX取引をする人などは、通信状況が安定していて且つ通信レスポンスが良い固定回線が向いているといえます。

 

しかし、通信速度が安定しなくてもWiMAXのようなモバイル通信が向いている人もいます。

例えば、旅行やビジネスの出張などで外出先でもインターネットを使いたいという方です。

パソコンやタブレットを持ち歩いて、いつでも使いたい場所でネットが使えるというのがWiMAXの大きな魅力です。

そのため、多少の繋がりにくさや不安定さはあっても、外出先で使うことにメリットを感じている人。

家でも外でも自由に好きな場所でネットを利用したいという人にWiMAXは向いているといえます。

 

このように利用する人の使い方によって選ぶべきネット回線が違ってくるので、ご自身の使い方にあった回線を検討するようにオススメします。

 

  WiMAX 2+ 固定回線(フレッツ光など)
通信の安定性 不安定 常に安定
通信速度 最大708Mbps*2
(今後1Gbpsに拡大)
最大1Gbps
通信レスポンス 遅くなる時もある 良好
向いている人 ・普通にネットを使う人
・外出先でも使いたい人
・ゲームや動画、株やFX取引をする人
(常に安定した速度を求める人)

*2下り最大708Mbpsは東名阪エリアを中心に利用可能。速度はシステム上の下り最大速度であり、利用機器や提供エリアの対応状況により下り最大300Mbpsまたは220Mbpsとなります。実際の通信速度は通信環境や混雑状況などに応じて低下します。

 

 

WiMAXと固定回線の比較まとめ

インターネットといえば、以前はADSLやフレッツ光などの固定回線が主流でしたが、最近では無線モバイル通信のWiMAXを利用する人が増えてきました。

ポケットWiFiルーターを持ち運べばどこでも自由に高速インターネットが楽しめるため人気が高まっているようです。

しかし、電波状況が安定しなかったり、通信量制限がかかってしまったりと不安な要素もあります。

一方、固定回線は安定した通信ができるものの、自宅だけでしか使えないというデメリットもあります。

WiMAXを固定回線の代わりに使いたいと思っている方も多いと思いますので、最後にそれぞれの回線に向いている人やオススメな人をまとめておきます。

 

WiMAX 2+が向いている人

こんな人にオススメ おすすめの理由
契約してすぐに使いたい人
(引越しなどで即日ネットを使いたい)
回線工事不要、即日開通
通常、契約から1~2日で利用開始可能
家だけでなく外でも使いたい人
(旅行や出張、外出先でも使いたい)
通信エリアが広いのでどこでも自由にネットが楽しめる
ポケットサイズのWiFiルータなので気軽に持ち運べる
初期費用を安く抑えたい人
(少しでも費用を安くしたい人)
回線工事費が発生しないので初期費用が安い
機種代も無料のプロバイダが多い
ネット契約に不慣れな人
(申込方法がよく分からない、面倒)
WEB上で簡単に申し込みができる
スマホを買う感覚で簡単に申し込める
機械の扱いに不慣れな人
(ネットの接続や機器の配線が苦手)
面倒な配線は一切不要
WiMAXのルータとパソコンなどをWiFi接続するだけ

 

WiMAXにするならここがオススメ

信頼で選ぶなら UQ WiMAX 月額が安い とくとくBB 高額キャッシュバック とくとくBB

WiMAX 2+サービスの提供元
KDDIの子会社なので信頼度は抜群
auのスマホユーザーなら更にお得

>>UQ WiMAXの詳細へ

格安の月額料金で有名なプロバイダ
業界最安値級の月額料金が魅力!
安く使い続けたい人にオススメ

>>とくとくBBの詳細へ

高額キャッシュバックで知られるプロバイダ
毎月、高額なキャッシュバックを提供
後々、得をしたい人にオススメ

>>とくとくBBの詳細へ

 

固定回線(光回線)が向いている人

こんな人にオススメ その理由
通信速度に安定を求める人
・オンラインゲームや動画サイトを頻繁に利用
・ネットで株やFX取引をする
常に通信速度が安定して供給されるため安心
速度が遅くなったり途中で切断されることがない
繋がりにくいといったリスクが少ない
契約からしばらく余裕がある人 開通工事に契約から2~4週間必要
家だけでネットを利用する人 ケーブル回線を家屋に引き込んで利用
自分で配線や接続ができる人
(接続機器の設置に自信がある)
ケーブルとPC間の配線をする必要がある
(室内無線機(WiFiルータ)の設置を含め)
 
 
 

 

WiMAXは固定回線代わりになるのか?

現在、固定回線を使っていてWiMAX 2+に替えようかと迷われている方もいると思います。

WiMAXは、どこでも自由にインターネットが使えるという点でとてもメリットは大きいのは確かです。

しかし、これまでに説明してきたようにネット回線選びは「どう使うか?」ということが重要になってきます。

繰り返しになりますが、WiMAXを固定回線代わりに使うのなら、以下のような理由の人たちでしたら大丈夫でしょう。

 

WiMAX 2+が向いている人

※外出先での利用が多い人
・ビジネスでの出張や会議が多い
・旅行や観光など外でもネットを使いたい

※通信速度に完全なレスポンスを求めない人
・ネット閲覧やネットショッピング、ブログ更新をする程度

※契約してすぐに使いたい人
・引越し先ですぐにネットを使いたいため
・単身赴任や引っ越しが多く、その都度の回線工事依頼をするのが面倒
・アパートなどの賃貸なので回線工事の手続きが面倒

しかし、逆に以下のような人たちは固定回線のままの方が良いでしょう。

 

WiMAX 2+が向かない人

※通信速度に絶対的なレスポンスを求める人
・オンラインゲームを長時間利用する
・動画サイトに投稿したり、容量の大きい動画を頻繁にダウンロードする
・ネットで株やFX取引をリアルタイムで利用する

※自宅だけでしかネットを利用しない人
・外出時はスマホを使うので特にWiMAXの必要性を感じない

 

WiMAXの魅力は、契約して即日にすぐに使えて、外出先でも使えるところにあります。

とっても自由度がある反面、無線モバイル通信の弱点である「速度の不安定さ」もあります。

WiMAXを固定回線の代わりにして使ってみたいとお悩みの方!

その点を十分に理解した上で検討するようにしましょう。

 

WiMAX・プロバイダー各社のキャンペーン比較はこちら